1. ソープランドファン年齢認証
  2. トップページ
  3. アラビアンナイト
  4. 追憶

日々の泡

  1. ブログ
  2. トリセツ

追憶

  • 「にーなにーなにーな」

    投稿者:ニーナ
    at 2018/08/18



    あす日曜日、8月19日はまだ空きがあるみたいです♡. _(:3」∠)_.


    さいきん、日記の書き直しが出来るようになったので、またあとでこの記事を書き直して更新します♡笑

  • 「投稿者:ニーナ」

    投稿者:ニーナ
    at 2018/08/18



    八月も後半って!えーはやいーやだやだ(;_;)

    もっとスイカ食べたりかき氷食べたり花火に浴衣で行ったり海の家でラーメン食べたりしたいのに終わってしまう!って食べ物ばかりね!(笑)



    ほんじつ、最終枠が空いてるよ♡



    きょうのBGM

    マジグッドチャンスサマー/Berryz工房

  • 「夏休みと、麦茶と。」

    投稿者:ニーナ
    at 2018/08/15



    まいとし、何となくですが八月十五日はお休みをいただいています、ニーナです。


    わたしの祖父はせんじちゅう、現地に飛んでいく飛行機の整備をしていました。


    夏休み、祖父の家で勉強をしていて(させられていて)、志望校より二段階レベルの高い学校の数学の過去問、最後の大問がまるで解けず。他がぜんぶ解けたため意地で30分は考えたのですが(その頃は数学が一番得意だったので)、結局集中力も切れて祖父のところに持っていったら20秒くらいで無言でサラサラ解きだした時は驚きました。たぶん関数だったかな。


    あのとき祖母が「あら、頑張ってるじゃない。おばあちゃんね、今日みんなが来るから、朝からお湯いーっぱい沸かして作ったのよ、たくさん飲んで帰ってね。あとね、桃もたくさんあるの、好きでしょ。駅前のね、なんだっけ、ほら、あのデパートで買ってきたからね、おいしいわよ、今むいてあげるからね」なんて言って出してくれた麦茶と桃も美味しかったな。


    そんなことを思い出しながら私も今日は麦茶を作りました。いまこれを書きながらちょっと涙腺がゆるんでいるのは秘密だよ。


    川崎駅の大正時代の地図をもとに日記を書こうと思ったんだけど、それは次回かな。


    お天気がいいですね。暑すぎず、夏らしい気候ですね。どうかお体に気を付けて、よい夏休みを。もしくはいつもの平日を、穏やかに過ごせますように。ニーナでした。

  • 「マジ夏すぎる/Berryz工房」

    投稿者:ニーナ
    at 2018/08/10


     


    ニーナでっすなんか機嫌もよくてきょう元気元気(^-^)/お店に来たら元気になりました、ほんとだよ!笑 ほんとうにいつもいつもありがとう♡


    ほんじつ8/10(金)、ラストとかその他あいてますー♡


    浴衣もまだまだ着てるよ♡初対面だと基本アラビのドレスで公式にお出迎えになるので(笑)、お気軽に電話口で浴衣ご希望とお伝えください♡ボーイさんは慣れてるからハズカシクナイ!笑


    お盆終わりくらいくらいからは、セクシーな◯ー◯ー強化月間ということで、出来るだけ丁寧に着用してお出迎えしようと思ってます♡さてなんでしょ?お楽しみにー☆


    あついね!金曜日ふぁいとっp(^-^)q

  • 「プリティーウーマン (1990)」

    投稿者:ニーナ
    at 2018/08/05


    ニーナです(^^)お盆休みが終わるまではお部屋が埋まりやすいので、私へメール or 早めの電話予約がおすすめです♡

    お盆以降なら当日でもだいじょうぶになってくるかも?おそらく取りやすくなるはず、待ってるねん(^^)

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    でねでね、1990年にいちばんヒットしたこの映画、Blu-rayで持ってるんだけど、いつもこのシーンでボロボロ泣いちゃうの、笑。。゜(゜´Д`゜)゜。なんの映画かわかるかな?

    台無しの日本語字幕より、本来の台詞の方がふたりの性格をよくあらわしてて好きだから英語字幕で見ます(何度も見てるから意味は分かるし、ビジネス英語のところは飛ばすし、笑)

    この映画、脚本が出来上がった当初は、お互いの身分の違いを乗り越えられずにお別れエンドだったらしいんだけど、それがあまりに暗くて現実的だったからおとぎ話エンドに変わったんだって


     


    3000ドルで一週間の契約中に、二人の感情は次第にホンモノになってゆく。お別れの前日に実業家のリチャードギアは「家も、クルマも、洋服だって。なに不自由ない生活を用意する。一緒にNYに来て欲しい」って告げるんです。元ストリートガールにですよ。けどそれは真剣な交際の申し込みではなく、結婚前提とかでもなく、なんかナメてるんですよ。元ストリートガールと交際なんてプライドが許さない、けど好きだから、お金の力で側に置いておきたい、「囲う」って感じ?傷付くジュリアロバーツはそれを明るく「そんなのより、おとぎ話が欲しいわ」と健気に突っぱねるんです。彼のことは好きなはずなのに、上手くいくはずないって判断。女の方がこういうとこ案外しっかりしてますよね。高校に入り直して、自力でしあわせを探す選択をするんです。


     


    ここね、リチャードギアの話に乗ってたら興ざめだけど、彼女にはそれよりもっと大切なものがある、本来持ってた強い信念を取り戻してる。ここもこの映画のキモかなーって。リチャードギアとの恋愛を通して充分な自尊心を取り戻してるんです、けどそのせいで一緒にはなれない。高い高いプライドと、取り戻した自尊心がぶつかる。なんていうか、古今東西どんな国どんな土地でも同じなんだろなーって。


     


    なにせこの時のジュリアロバーツは照れくさそうに、あどけない表情で目をきらきらさせるから、とてもまぶしくて、かわいいの。リチャードギアも、育ちが良いから女の子のエスコートは上手いのに実は女心がよく分かってない、やり手の実業家なのに惚れっぽくてピュアな役どころが絶妙にハマってる気がする。



    ではでは、ニーナちょっと休んできますっ☺️


ページ先頭へ